Erklärvideos

Wir bei YouTube!

Auf unserem YouTube-Kanal gibt es immer wieder neue Erklärvideos zu sehen.

Psychologie

Rosenbergs GfK

Marshall Rosenbergs "Gewaltfreie Kommunikation" wird kurz und knapp in unserm Film erklärt.
16. Juni 2021

E-Learning

Dobby ist frei!

Wir erzählen die magische Geschichte des Hauselfen Dobby ganz neu: die tragische Vergangenheit, Träume...

E-Learning

Gefühle

Wie drückt man Gefühle in der deutschen Sprache aus? Das kann man hier schön illustriert lernen.
28. April 2021

Filmserie

LGBTQ+

4-teilige animierte Erklärfilmserie zu LGBTQ+ mit Unterrichtsreihe für Lehrer*innen.

Info

hyperkulturell.de

Unser Portal stellt sich vor! Wer wir sind, was wir machen: digitale Lernmaterialien für die Bildung.
23. März 2020

Digitalisierung

E-Learning

E-Learning ermöglicht kontinuierliches Arbeiten - unabhängig von Zeit und Ort. Für jeden. Maßgeschneidert.

Hibriditás

A hibriditás modellje olyan interkulturális folyamatot ír le, amelynek során az egyén identitásának átorientálódása valósul meg (vö. Gugenberger 2010, 68). A hibriditás kifejezés a latin hybrida […]

Гібридність

Модель гібридності описує міжкультурний процес, в якому досягається переорієнтація ідентичності індивіда (див. Gugenberger 2010, 68). Термін „гібридність“ походить від латинського слова hybrida „дворняга“ і передбачає, що […]

Melezlik

Melezlik modeli, bireyin kimliğinin yeniden yönlendirilmesinin sağlandığı kültürlerarası bir süreci tanımlamaktadır (bkz. Gugenberger 2010, 68). Melezlik terimi Latince hybrida „melez“ kelimesinden türetilmiştir ve bireylerin köken kimliklerinden […]

Hybridita

Model hybridity popisuje interkulturní proces, v němž dochází k reorientaci identity jedince (srov. Gugenberger 2010, 68). Termín hybridita je odvozen z latinského slova hybrida „míšenec“ a […]

Hibridez

El modelo de la hibridez describe un proceso intercultural en el que se produce una reorientación de la identidad del individuo (cf. Gugenberger 2010, 68). El […]

Hibridnost

Model hibridnosti opisuje medkulturni proces, v katerem pride do preusmeritve posameznikove identitete (prim. Gugenberger 2010, 68). Izraz hibridnost izhaja iz latinske besede hybrida „mešanec“ in predpostavlja, […]

ハイブリット性

ハイブリッドのモデルは、個人のアイデンティティの再調整が達成される異文化間のプロセスを記述している(cf. Gugenberger 2010, 68)。ハイブリディティという言葉はラテン語のhybrida「雑種」に由来し、個人が出身地のアイデンティティとホスト社会のアイデンティティから新たに構築された、したがって第三のアイデンティティを生み出すことを前提としている(Gugenberger 2010, 68を参照)。ハイブリディティ・モデルでは、一つの言語や文化を捨てたり、好んだりすることを超えて、二つの文化や言語の絡み合いから新しい品種を開発する「社会的行為者としての話者」(Gugenberger 2010, 68参照)を考えます。 コンセプト:バーバによるハイブリット性 1994年、バーバはフーコーの言説論に基づき、ハイブリッドの中心概念を確立した(cf. Engel/ Lewicki 2005, 1)。この概念の基本は、新しいアイデンティティは、二つの文化の間にある第三の空間でしか生まれないというものである(cf. Engel/ Lewicki 2005, 1)。バーバにとって、主体とはむしろ、そこに浸透する言語、秩序、言説、システム、そしてそれらに付随するあらゆる知覚、感情、意識過程の結び目であり交差点なのだ」。彼の「結びついた主体」というメタファーは、こうして多文化主義を領土的な概念から人間へと移行させる」(Engel/Lewicki 2005, 2)のである。 歴史:ハイブリットという言葉の歴史 ハイブリットという言葉は、19世紀に民族の異質性という文脈で使われ、否定的な意味合いを持つようになった。一方、雑種性という概念は肯定的な意味合いを持ち(cf. Fludernik 2001, 12)、「文化の多様性を記述するための重要な概念として機能する」(Fludernik 2001, […]

市民社会

市民社会 市民社会とは、社会的·政治的に自立した市民によって特徴づけられる社会の形態を指す(cf. Duden 2020)。 これには、例えば、クラブ、協会、教会での活動や役職に就くことなどが含まれます。 市民社会は、生きた民主主義の礎である。市民社会は、政治レベルでは十分な注意を払われていないと思われる現在の社会的課題に注意を喚起する。市民社会の「暗黒面」は、排除や非人道的な行動などを通じて反民主主義的な効果をもたらすこともある。責任ある市民は、機能的で批判的な市民社会にとって不可欠です。 3つの視点 また、この言葉は、規範的、行動指向的、行為者中心的の3つの観点から見ることができる。 1 ここでいう規範的な視点とは、より良い未来やより公正な社会のために戦う市民社会のことであり、この視点はとりわけ権威主義や独裁体制に対する闘いに見出すことができるものである。 2 一方、行動主義の視点は、社会における社会的相互作用に言及するものである。例えば、市民社会は非暴力的であり、助け合い、妥協することを重視すべきである。このような市民社会における基本的な姿勢は、政治的に作られた、人権や基本的権利といった法的な枠組みによって支えられています。したがって、同じ価値観を共有し、表現する政治文化の一部である。 3 市民社会の行為者中心的な視点においては、家族組織や企業組織の外で独自に活動する個人や組織に焦点が当てられる。これは、市場、国家、私的領域といった社会的カテゴリーから切り離された、団体、非政府組織(NGO)、サークル、ネットワーク、連盟、または同様の構造で起こる(Bpb 2020参照)。 市民社会とヘゲモニー 市民社会(società civile)という概念は、しばしば規範的に扱われるが、イタリアのマルクス主義知識人アントニオ·グラムシ(1891-1837)から重要な批判的·分析的工夫を受けることになる。社会経済的に分断された資本主義社会では、市民社会の領域は必ずしも経済や政治からきちんと分離された民主的·社会的参加の避難所を示すものではなく、第一次世界大戦末期の革命期のように、国家権力と協力して既存の支配関係を安定させ、解放の願望を抑制し弱める「要塞と要塞の堅牢な鎖」(Gramsci 1999, 874)としても機能しうるのである。 したがって、市民社会は、政治的領域と同様に、中立的な空間ではなく、社会全体の対立的再生産につながり、社会勢力が文化的ヘゲモニーを求めて闘う、必然的に争われる重要な空間なのである。ヘゲモニーとは、強制に基づく政治とは対照的に、「人々の信念に根ざし、単に抽象的に支配を正当化するのではなく、被支配者のコンセンサスの中に埋め込む権力」(Haug/Davidson 2004, 1-29 )を示すものである。この理解によれば、真の民主化のための決定的な要因は、市民社会の単なる形式的存在ではなく、社会におけるその-覇権的または反覇権的、抵抗的-機能なのである。 文学 連邦市民教育庁(2012)。Die verschieden […]