Medienerziehung

Digitaldämmerung

Wie lernen Kinder Verantwortung im Umgang mit Medien? Ideen eines verantwortungsbewussten Vaters.

Wortschatz

Hobbys

Deutsch lernen - interessant und mit unserem online-Angebot immer und überall.

E-Learning

Wetter

Und nun: das Wetter. Spielerisch und alltagsnah Deutsch lernen - auch digital.

6 Lerneinheiten

Körper

Deutsch lernen - interaktiv und motivierend. Thema: der menschliche Körper. Diktat, Memory, Drag & Drop.
26. März 2020

Multimedial

Eisbergmodell

Das Eisbergmodell der Kultur - multimedial gestaltet mit Film, Lückentext, Comic und Audio.

In memoriam

Sally Perel

Salomon „Sally“ Perel war als Jude Hitlerjunge - ein tragisches Drama in vielen Akten.

Media education

Media education: How do you teach your children to use media responsibly? Reflections and experiences of a concerned father who gradually realizes what it all means… […]

Yoga und Sprache

„In der Musik bin ich die Melodie.“ Bhagavad Gita  Yoga und Sprache   Inhaltsverzeichnis  0 Vorbemerkungen  1 Was ist Sprache? 2 Heilige Sprache: Sanskrit 3 Sprechen […]

Über die hohe Kunst der Kommunikation

Herzlich willkommen zu unserm Videoseminar „Über die hohe Kunst der Kommunikation“. Ein kurzer Vorspann: “Es ist unmöglich, die Menschen zu kennen, ohne die Macht der Worte […]

Coaching & Seminare

Kompetent!

Aus-, Fort- und Weiterbildung für Organisationen, Behörden und Unternehmen.

Hópehely

Az emberek vagy szervezetek néha kollektíven kirekesztődnek diszkriminatív kijelentések vagy cselekedetek miatt. A hópehely pejoratív kifejezést ilyenkor a kritizált egyének vagy szervezetek arra használhatják, hogy az […]

性差別

性差別 性差別という言葉は、性別を表す言葉として使われるsexus(参照:Duden, Sex)に由来することができる。性差別の捉え方や定義は様々で、ジェンダー、フェミニズム、差別といった用語が割り当てられている。 定義 1.一方の性が他方よりも本質的に優れているという考え、および、性別を理由とした人々、特に女性の差別、抑圧、劣化、不利益を(したがって正当化されると考えられる)」(ドゥーデン『セクシズム』)。 (2)「性差別とは、性別に基づく人物の否定的評価を反映するか、社会における女性と男性の間の不平等な地位を永続させる個人の態度や行動、あるいは制度的・文化的慣行を指す」(Beckerー2014年)。   顕在化の形態 性差別は5つの発現形態に分けられ、そのほとんどは男女ともに犯すことができる。また、性差別は、それが否定的なものか肯定的なものかによって、その様相を区別することができる。 1.伝統的なあからさまな性差別(Benokratis/Feagin 1995)は、「(a)ステレオタイプに準拠した性差の強調、(b)(男性に対する)女性の劣位、(c)従来のジェンダーロールの支持」の3つの基準に基づいている(Eckes 2010, 183)」(Thiele)。 2. „ネオセクシズムとは、平等主義的価値観(女性と男性は同等に扱われるべき)と女性に対する否定的感情の対立と定義される。“ (ベッカー2014)。この形態は、「1)差別が続いていることの否定[…]2)女性の特権とされるものへの抵抗[…]3)平等な扱いを求める要求の拒否」(Beckerー2014)で表現される。 3.アンビバレント・セクシズムは、セクシズムを否定的なものだけと理解せず、肯定的な側面も挙げる。アンビバレント・セクシズムは、敵対的セクシズムと慈悲的セクシズムの両方を包含している。 4.敵対的性差別とは、男性は女性よりも高い地位にあるべきという考え方です。これには、女性が男性に対してより多くの権力と支配力を獲得することへの恐れが伴う。この形態は、「したがって、主にフェミニストやキャリアウーマンなど、非伝統的なタイプの女性に向けられたものである」。(Beckerー2014) 5.ベネヴォレント・セクシズムとは、男女の関係において、保護的で騎士道精神に富んだ側面を持つことを指す。これによると、男性は、例えば、自分にとって楽な作業を女性に手伝わせたいと考え、女性がその活動に対応する必要はないと言って、自分の行動を正当化する(cf. Becker 2014)。   今日の性差別 現代では、多くの人が性差別をそれほど強く感じていません。彼らは、私たちの社会ではすでに平等が完全に受け入れられ、実行されていると思い込んでいるのです。これに関する統計(cf. Tagesschau, Gender […]