Medienerziehung

Digitaldämmerung

Wie lernen Kinder Verantwortung im Umgang mit Medien? Ideen eines verantwortungsbewussten Vaters.

Wortschatz

Hobbys

Deutsch lernen - interessant und mit unserem online-Angebot immer und überall.

E-Learning

Wetter

Und nun: das Wetter. Spielerisch und alltagsnah Deutsch lernen - auch digital.

6 Lerneinheiten

Körper

Deutsch lernen - interaktiv und motivierend. Thema: der menschliche Körper. Diktat, Memory, Drag & Drop.
26. März 2020

Multimedial

Eisbergmodell

Das Eisbergmodell der Kultur - multimedial gestaltet mit Film, Lückentext, Comic und Audio.

In memoriam

Sally Perel

Salomon „Sally“ Perel war als Jude Hitlerjunge - ein tragisches Drama in vielen Akten.

Media education

Media education: How do you teach your children to use media responsibly? Reflections and experiences of a concerned father who gradually realizes what it all means… […]

Yoga und Sprache

„In der Musik bin ich die Melodie.“ Bhagavad Gita  Yoga und Sprache   Inhaltsverzeichnis  0 Vorbemerkungen  1 Was ist Sprache? 2 Heilige Sprache: Sanskrit 3 Sprechen […]

Über die hohe Kunst der Kommunikation

Herzlich willkommen zu unserm Videoseminar „Über die hohe Kunst der Kommunikation“. Ein kurzer Vorspann: “Es ist unmöglich, die Menschen zu kennen, ohne die Macht der Worte […]

Coaching & Seminare

Kompetent!

Aus-, Fort- und Weiterbildung für Organisationen, Behörden und Unternehmen.

Hópehely

Az emberek vagy szervezetek néha kollektíven kirekesztődnek diszkriminatív kijelentések vagy cselekedetek miatt. A hópehely pejoratív kifejezést ilyenkor a kritizált egyének vagy szervezetek arra használhatják, hogy az […]

アコモデーション

アコモデーションとは、「再調整によって適応と性能の向上を達成するシステムの特性の総称」(Fröhlich 2010, 47)である。ラテン語の名詞 accomodatio「適応する」に由来する(Scholze-Stubenrecht 1997, 42参照)。生物学では、アコモデーションは「距離の異なる範囲に対する目の適応」を意味する(Fröhlich 2010, 47)。この用語は、言語学、宗教学、学習心理学でも見受けられる。 学習心理学における認知過程 発達心理学者のジャン・ピアジェが、子どもの認知発達に関する理論の中で紹介した言葉です。適応は、子どもの学習発達に不可欠な2つのプロセスのうちの1つです。これは、人が自分の(学習)行動、すなわち新しい印象の処理方法を変える能力を表しています。反対語は同化で、新しいタイプの外的印象を変えることなく、すでにあるカテゴリーやシステムに統合することを表します(ピアジェ1983, 106 ff.を参照)。 同化の例としては、「すべてのものは固体か液体のどちらかである」という考えを持つ子どもがいる。この思考モデルが、物質としての気体の経験によって挑戦された場合、彼は凝集状態についての見方を調整しなければならない。このような刺激は、学習過程における重要なポイントなのです。 移住の文脈におけるアコモデーション その結果、文化的な学習プロセスの中で、私たちの考え方や行動の仕方を再調整することも可能である。移民研究において、収容はChristine Langenfeldによって「文化的変化から生じる機能的学習と適応のプロセス」と理解されている(Langenfeld 2001, 283)。(Langenfeld 2001, 283)彼女は、収容は「基本的な信念や価値観、考え方に変化がなくても、関係者に起こりうる」(Langenfeld 2001, 283)と仮定しています。 心理学者のWerner Fröhlichによれば、「現在利用可能な行動のレパートリーでは対応できない環境的な要求」(Fröhlich 2010, 48)は、「内面の均衡の乱れ」(同上)の理由の一つであり、その結果、適応を引き起こす。 […]