Medienerziehung

Digitaldämmerung

Wie lernen Kinder Verantwortung im Umgang mit Medien? Ideen eines verantwortungsbewussten Vaters.

Wortschatz

Hobbys

Deutsch lernen - interessant und mit unserem online-Angebot immer und überall.

E-Learning

Wetter

Und nun: das Wetter. Spielerisch und alltagsnah Deutsch lernen - auch digital.

6 Lerneinheiten

Körper

Deutsch lernen - interaktiv und motivierend. Thema: der menschliche Körper. Diktat, Memory, Drag & Drop.
26. März 2020

Multimedial

Eisbergmodell

Das Eisbergmodell der Kultur - multimedial gestaltet mit Film, Lückentext, Comic und Audio.

In memoriam

Sally Perel

Salomon „Sally“ Perel war als Jude Hitlerjunge - ein tragisches Drama in vielen Akten.

Media education

Media education: How do you teach your children to use media responsibly? Reflections and experiences of a concerned father who gradually realizes what it all means… […]

Yoga und Sprache

„In der Musik bin ich die Melodie.“ Bhagavad Gita  Yoga und Sprache   Inhaltsverzeichnis  0 Vorbemerkungen  1 Was ist Sprache? 2 Heilige Sprache: Sanskrit 3 Sprechen […]

Über die hohe Kunst der Kommunikation

Herzlich willkommen zu unserm Videoseminar „Über die hohe Kunst der Kommunikation“. Ein kurzer Vorspann: “Es ist unmöglich, die Menschen zu kennen, ohne die Macht der Worte […]

Coaching & Seminare

Kompetent!

Aus-, Fort- und Weiterbildung für Organisationen, Behörden und Unternehmen.

Hópehely

Az emberek vagy szervezetek néha kollektíven kirekesztődnek diszkriminatív kijelentések vagy cselekedetek miatt. A hópehely pejoratív kifejezést ilyenkor a kritizált egyének vagy szervezetek arra használhatják, hogy az […]

文化的な玉ねぎ

文化的な玉ねぎ 文化タマネギは、文化を視覚的に表現するためのメタファーやモデルです。このモデルは、文化科学者のゲルト・ホフステッドが開発したものである。 シンボルマーク Hofstedeは、文化をさまざまな層からなるタマネギのようなものだと述べています。外側の層は、人々の文化的特徴に対応します。この層は、いわゆるシンボルを指します。シンボルとは、同じ文化圏に属する人たちだけが認識できる、ある種の意味を持つ言葉、身振り、絵、物などのことです。シンボルの簡単な例としては、髪型、服装、国旗などがあります。さらに、それ以外にも「見える」マーカーが発生することがあります。言語、ジェスチャー、表情などが含まれます。シンボルは固定されたものではなく、時代とともに変化していくものです。特定の文化集団のシンボルは、互いに影響し合っている。 ヒーローズ Hofstedeのオニオンモデルの次の層はヒーローである。“ヒーローとは、その文化で高く評価されている資質を持つ、死者または生者、実在または架空の人物であり、したがって行動のモデルとして機能する“ 。(アメリカ文化圏のヒーローの例としては、ジョン・F・ケネディ元大統領や、バットマン、ロッキー、ランボーといったコミックやテレビのタレントがあげられる。 儀式 オニオン・モデルの3番目の層は、儀式と呼ばれるものです。Hofstedeは儀式を「望ましい目標を達成するためには実際には余分であるが、その文化の中で社会的に必要と考えられている集団活動」(cf. Hofstede 2001, 8)と表現している。儀式の例としては、他人に対する挨拶や謝意のジェスチャー、社会的・宗教的な慣習などがあります。ドイツ語でHallo、Moin、Servusなどの口頭でのあいさつや、握手などの物理的なあいさつがこれにあたります。 プラクティス 最初の3つの層は、観察者には見えるが、その文化的な意義は観察者では容易に推し量ることができない。この3つの層は、「プラクティス」という言葉でまとめることができます。実践は部外者が簡単に真似ることができるが、その行為の背後にある意味は通常感知されない。 価値観 文化的タマネギの核となるのは価値観であり、Hofstedeはこれを「ある状況を好む一般的傾向」と表現している(cf. Hofstede 2001, 9)。また、価値観とは、強いポジティブまたはネガティブな方向性を持つ感情であると定義されています。子育てにおいて、価値観は子どもが人生で最初に学ぶ内容であり、特別な役割を担っています。ほとんどの人は、自分の価値観を人生の早い段階で無意識に学んでいるため、自覚がない。しかも、毎日使うものだから、無意識のうちに使っているのも一因だろう。 文学 Hofstede, Geert/ Hofstede, Gert Jan/ Mayer, […]