Medienerziehung

Digitaldämmerung

Wie lernen Kinder Verantwortung im Umgang mit Medien? Ideen eines verantwortungsbewussten Vaters.

Wortschatz

Hobbys

Deutsch lernen - interessant und mit unserem online-Angebot immer und überall.

E-Learning

Wetter

Und nun: das Wetter. Spielerisch und alltagsnah Deutsch lernen - auch digital.

6 Lerneinheiten

Körper

Deutsch lernen - interaktiv und motivierend. Thema: der menschliche Körper. Diktat, Memory, Drag & Drop.
26. März 2020

Multimedial

Eisbergmodell

Das Eisbergmodell der Kultur - multimedial gestaltet mit Film, Lückentext, Comic und Audio.

In memoriam

Sally Perel

Salomon „Sally“ Perel war als Jude Hitlerjunge - ein tragisches Drama in vielen Akten.

Yoga und Sprache

„In der Musik bin ich die Melodie.“ Bhagavad Gita  Yoga und Sprache   Inhaltsverzeichnis  0 Vorbemerkungen  1 Was ist Sprache? 2 Heilige Sprache: Sanskrit 3 Sprechen […]

Über die hohe Kunst der Kommunikation

Herzlich willkommen zu unserm Videoseminar „Über die hohe Kunst der Kommunikation“. Ein kurzer Vorspann: “Es ist unmöglich, die Menschen zu kennen, ohne die Macht der Worte […]

Coaching & Seminare

Kompetent!

Aus-, Fort- und Weiterbildung für Organisationen, Behörden und Unternehmen.

Hópehely

Az emberek vagy szervezetek néha kollektíven kirekesztődnek diszkriminatív kijelentések vagy cselekedetek miatt. A hópehely pejoratív kifejezést ilyenkor a kritizált egyének vagy szervezetek arra használhatják, hogy az […]

Сніжинка

Люди або організації іноді колективно виключаються через дискримінаційні заяви або дії. Принизливий термін „сніжинка“ може бути використаний критикованими особами чи організаціями для звинувачення колективу, який їх […]

キャットコール

キャットコールは英語であり、ドイツ語圏では公共空間における「言葉によるセクシュアル・ハラスメント」を意味する(Ismail 2020)。英語では、ストリート・ハラスメントという用語もキャッ トコール現象によく使われるが、公共の場での身体的暴行も含まれる(DelGreco/Ebesu Hubbard/Denes 2021, 1403参照)。 キャットコールとは、関係する人物を性的 に扱ったり、身体的特徴に言及したりする言語的・非言語的な言 葉のことである。その例として、“笑って、若い女!“、“そんな格好してんじゃねーよ、おねだりしてんじゃねーよ“、“ムラムラするケツしやがって!“、“俺の車みたいにきれいだな!“といった発言が挙げられる。(参照:CatcallsOfHildesheim 2020) セクシャル・ハラスメント、ストリート・ハラスメント、キャットコール セクシャル・ハラスメント、ストリート・ハラスメント、ストレンジャー・ハラスメント、キャットコールは、それぞれを明確に区別することはできない。セクシャル・ハラスメントには身体的暴行も含まれるが、ストリート・ハラスメントは、ハラスメントが行われる場所、つまり公共の場を指す。一方、ストレンジャー・ハラスメントは、加害者と被害者の間に存在しない関係を決定づける。セクシャル・ハラスメントは、ストリート・ハラスメント、キャットコール、ストレンジャー・ハラスメントを包括する用語として機能する。 このような文脈では、セクシャル・ハラスメントというよりむしろセクシュアル・ハラスメントと言った方がよいことに、この時点で留意すべきである。その背景には、セクシュアリティの問題ではなく、ハラスメントの問題であることがある。 加害者の動機と認識 キャットコールの加害者の動機はさまざまである。 いわゆる個人的要因と状況的要因の両方が重要な役割を果たしている(Wesselmann/Kelly 2010, 452参照)。状況的要因のうち、Wesselmann/Kellyは、集団特有の規範規範と、加害者が集団の中で匿名かつ非個人的に行動できると感じていることを挙げている(同書、453)。さらに、集団への強い帰属意識は、仲間への嫌がらせを抑制する閾値を低くする(同書、457)。個人的要因の定義はより複雑で、その重み付けはまだ決定的な解明には至っていない。デルグレコ/エベス・ハバード/デネスは、主に男性の加害者におけるハラスメントの本質的な動機として、権力の喪失を挙げている。つまり、加害者はしばしば、被害を受けた人々に対して優越感を感じると同時に、ハラスメントをすることによって、自分が感じる権力の欠乏を補おうとするのである(DelGreco/Ebesu Hubbard/ Denes 2021, 1419)。 男性加害者の自己評価では、ハラスメントはそのように評価されないことが多い。キャットコールはむしろ、感謝や愛情を表現するはずの肯定的な褒め言葉として、これらの男性には理解されている。 加害者への結果 – 被害者への結果 […]