Medienerziehung

Digitaldämmerung

Wie lernen Kinder Verantwortung im Umgang mit Medien? Ideen eines verantwortungsbewussten Vaters.

Wortschatz

Hobbys

Deutsch lernen - interessant und mit unserem online-Angebot immer und überall.

E-Learning

Wetter

Und nun: das Wetter. Spielerisch und alltagsnah Deutsch lernen - auch digital.

6 Lerneinheiten

Körper

Deutsch lernen - interaktiv und motivierend. Thema: der menschliche Körper. Diktat, Memory, Drag & Drop.
26. März 2020

Multimedial

Eisbergmodell

Das Eisbergmodell der Kultur - multimedial gestaltet mit Film, Lückentext, Comic und Audio.

In memoriam

Sally Perel

Salomon „Sally“ Perel war als Jude Hitlerjunge - ein tragisches Drama in vielen Akten.

Media education

Media education: How do you teach your children to use media responsibly? Reflections and experiences of a concerned father who gradually realizes what it all means… […]

Yoga und Sprache

„In der Musik bin ich die Melodie.“ Bhagavad Gita  Yoga und Sprache   Inhaltsverzeichnis  0 Vorbemerkungen  1 Was ist Sprache? 2 Heilige Sprache: Sanskrit 3 Sprechen […]

Über die hohe Kunst der Kommunikation

Herzlich willkommen zu unserm Videoseminar „Über die hohe Kunst der Kommunikation“. Ein kurzer Vorspann: “Es ist unmöglich, die Menschen zu kennen, ohne die Macht der Worte […]

Coaching & Seminare

Kompetent!

Aus-, Fort- und Weiterbildung für Organisationen, Behörden und Unternehmen.

Hópehely

Az emberek vagy szervezetek néha kollektíven kirekesztődnek diszkriminatív kijelentések vagy cselekedetek miatt. A hópehely pejoratív kifejezést ilyenkor a kritizált egyének vagy szervezetek arra használhatják, hogy az […]

Affirmative Action – アファーマティブ・アクション

アファーマティブ・アクションという言葉は、「職業生活や公的生活」における差別を克服するための様々な施策を指す(Peters/ Birkhäuser 2005, 1)。 アファーマティブ・アクションの起源 アファーマティブ・アクションの起源は、1964年の公民権法にある。 アファーマティブ・アクションの起源は、タイトルVIにあり、「合衆国内のいかなる者も、人種、皮膚の色又は国籍に基づき、連邦財政援助を受けるいかなるプログラム又は活動においても、その利益を拒否され、又は差別を受けることはない」(42 U. S. C. 2000 d)と規定されている。このように、連邦政府は、企業や学術機関(前述)に対して、資金援助の差し控えや契約の解除を脅すことができる(Hildebrandt 2005, 475を参照)。 アファーマティブ・アクション アファーマティブ・アクションは、3つのタイプに分けられる。 1. マイノリティの職業的・学問的資質を向上させるための研修プログラム(同上)。 2. 目標とタイムテーブル:「企業、組織、機関へのマイノリティの採用や受け入れについて、比較的柔軟な時間的ガイドラインを設定するもの」(同書)。 3. 固定枠:企業、組織、機関における少数派の割合を増やし、「比例代表制という公平性の理想」を実現することを目的とする(ibid., 475)。 アファーマティブ・アクションは、学術機関、企業、政治家、地方自治体、州政府、連邦政府の行政機関、連邦政府から財政支援を受けている機関に適用される(同書参照)。 アファーマティブ・アクションの極端な形態としての逆差別 アファーマティブ・アクションの極端な形態として、逆差別がある。例えば、同じ仕事に同じ資格を持つ女性と男性が応募し、女性枠があるために女性が優先された場合、男性の応募者は不利になる。この場合、性別が仕事の配分の決定的な要因になるため、逆差別が行われることになる(Peters/ […]